読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとねなくちゃ

とねなです。はてなダイアリー「わたしはらいぶらりあん!」から、はてなブログに移行してきました。移行に伴い、ブログ名も変更しました。ついったーでエゴサすると必ずヒットしてくるやつです。

ややこしいILLのはなし.

日々のILL業務は,NACSIS-ILLというシステムによって
効率的に行われています.


流れをシンプルに説明すると

1.依頼館がILLレコード(データ)を作成

2.受付館がデータを受け取る

(2.5 謝絶すると次の候補館,または依頼館にデータがいく)

3.準備が出来次第,受付館はデータを追加(貸借本,文献複写の発送)

4.依頼館にデータが戻る(貸借本,文献複写の到着)


このような感じ.
しかし,実際はこんなシンプルにはいきませんね.

「NACSIS-ILL複写/貸借業務 状態遷移図」という
下敷きのようなシートをILL担当者なら一度は見たことがあると思います.
(※画像検索で出てくるのでご覧ください)


ものすごく…複雑です…


便利なんですけどね.たまに,ややこしい話になってしまうのです.
今日は,その「ややこしい話」を少しご紹介いたします.


上記の説明で言うと,4番まで終わった状態.
普通ならばここでデータのやり取りは終了です.

しかし,受付館が送付した複写文献に不備があり,
依頼館は「照会」という機能を使ってその旨を伝えました.

この操作で,データは受付館へと渡ります.

データを受け取った受付館は,その返信をするため,
ここでも「照会」の機能を使おうとしました.

しかし,間違えて「謝絶」してしまったんですね.

そのため,上記で言うと2.5
次の候補館へとデータが渡ってしまいました.


あらららら????


このように,データを受け取ったり返したり.
便利なんですけど,少しややこしくなっちゃうときがたまにキズ…


ちなみに,上記の件はNIIに対処していただきました.
いつもお世話になっております…お手数おかけいたしました.